RED KOMODO ファームウェア1.4.0 により、RFレンズサポートを実現

投稿:Sugorock  
通報 ウォッチ 0

Newsshooter.comによりますとREDがKOMODO用の新しいファームウェアを発表し、RFマウントのサポートに対応したとのことです。


REDはKOMODO用のファームウェア 1.4.0を発表しCanonのRFレンズのサポートに(ベータ版ではありますが)対応するようになりました。現状では、RFレンズ コントロールリングとフォーカスレンジの機能は未対応とのことです。


ファームウェア14.0による改善点


  • Canon RFレンズサポート (ベータ版)
  • Angelbird ARRI AV Pro 256GB CFast カードのサポート
  • RCP2へのカメラタイプとビルドナンバーの追加
  • イーサネット ゼロコンフ(ローカルリンク IP アドレス)のサポート
  • 大きなサイズのR3Dクリップを読み込み、再生する際のスピード改善
  • 再生プレイリストで音声シンクロしないクリップ のインデックス問題を改善
  • ファクトリーリセットによるカメラプリセットの消去問題の改善
  • iOS 14を使用した際のUSBテザリングの改善
  • KOMODOリンクアダプターがCFastカードの認識を妨げる問題の改善
  • ゲンロックを使用した際のユーザーキャリブレーションの改善
  • ブート時の不正確なイメージスタビらゼーション UI表示を改善
  • 断続的なSDIイメージの改善
  • DC接続時のバッテリー互換メッセージ表示を改善
  • ウェブ UIのマルチアクションメニューボタン(LUT、CDL、プリセット)を改善
  • フォーマット変更時のAFウィンドウのサイズを改善
  • リブート時の断続的なシステムの中断を改善
  • SDI ST-352から全てのカラースペースとガンマ設定のペイロードを改善
  • オートフォーカスを改善


操作時の注意点


  • RF レンズコントロールリングとフォーカスレンジスイッチはサポート対象外
  • 認定メディアやバッテリー以外を使用した場合は警告サインが出る

コメント

    まだありません。