セロハンテープでEOS R5のオーバーヒート問題解消!

投稿:Sugorock  
通報 ウォッチ

Canonrumorsの記事によりますと、Youtuberであり、写真家のJ. Marcusさんが彼のチャンネルでR5のオーバーヒート問題を解決する方法を紹介しています。


彼自身が考案したのではなく、Dpreviewのフォーラムに投稿されたユーザーのアドバイスによるものだそうです。 


彼によると

  • カメラがシャットダウンする直前にNVRAMに情報を書き出すことで、次に電源投入した時にカメラ設定を記憶できるようになっている。これはISOやシャッタースピードだけでなく、オーバーヒートの条件も含まれる。
  • つまり、(セロハンテープで固定して)バッテリーコンパートメントを開けた状態でバッテリーを抜いてしまえば、カメラはNVRAMに設定を書き出す余裕なく電源オフになることから、次に電源投入した時にはオーバーヒートの設定は引き継がれない


動画ではこの実験が実際にされていて、オーバーヒート情報が引き継がれなかった場合、次に電源投入して引き続き高画質の4K(あるいは8K?)が録画できることを証明しています。(動画 4:00分くらいから)

コメント

    まだありません。

    関連する投稿